106繋がり

PEUGEOT 106 Rallye&Serial No.106 GSX1100S SYを所有する中年親父の戯言
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
NGCストレイガ小林管
12年間使用したK-FACTORYの4-2-1チタンからPOPの愛弟子、『 小林管 』に変更。
2012042901.jpg


















環境にやさしいキャタライザー。
2012042902.jpg


















特注のスチール1mm極太50.8パイ、ホント太い!
2012042903.jpg


















わがままを言ってNGCロゴをサイレンサー裏側の見えないところに打刻。

音質はチタンの低域音とは違ってまさに鉄が共振し、高周波の混じったモノで
キャタライザー効果もあって控えめな音。

空ぶかしすると若干太い音質へ変化するも2000~5000rpmの常用域では、ホントやわらかく、
軽いレスポンスで吹け上がり、何とも表現し難い音質に変わる不思議なマフラーだ。

毎回、走行後に錆び対策でエキマニ全体へCRCを塗りこむ作業が伴うも
この儀式、なかなか手が掛って楽しく、私のような12年で3000kmしか走らない
盆栽ライダーにはうってつけなのだ!

走行後にCRCが馴染み蒸発してくるとエキマニがどす黒い色に変化、今のところ
錆びは出てないが経年変化でどうなるか?ゆっくり見守りたい。

実は昨年末に散々迷った挙句、奥の手パーツとしてアルミ削り出しポイントカバー付きの
ヨシムラシリアル限定チタン手曲サイクロンをストックしてあるのだ(笑)。

当面は小林管で過ごすことなるだろう。

贅沢極まりないが、カタナライフをゆっくり楽しむには気分に応じて着せ替え人形の
ようにエギゾーストを変えてみるのも良いかも?、、、。

by iphone4s
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。