106繋がり

PEUGEOT 106 Rallye&Serial No.106 GSX1100S SYを所有する中年親父の戯言
Reducer
2010101500.jpg


















レースなどで話題となっているマエカワエンジニアリングのレデューサー

レシプロエンジンのクランクケース内で発生するブローバイガスを
1WAY方式のバルブでクランク内の内圧を軽減させ、燃費や出力の向上
を狙ったもので、一般的なスライドバルブ方式とは異なり、こちらは
リードバルブ方式を採用した画期的なアイテム。

エンジンの負荷を取り除くことにより効能を発揮し、エンジン自体を
労わることができるらしい。

2010101501.jpg
2010101502.jpg
元々キットについていた青色のシリコンホースは避け、あくまでも”純正らしく”
を狙いBSの耐熱・耐油ゴムホースを装着。
取り付けはタワーバーの取り外し、エアフィルターのクリーニングなどともなったが、
レデューサーの取り付けだけであれば30分もあれば完了するだろう。

通常、このブローバイの混合気の行交いによって作用するエンジンブレーキの
効きが装着によって弱くなると聞いていたが、アクセルを戻した瞬間、
エンジンが変わった?と勘違いするほどモーターのようななめらかさとなり、
1速でもギクシャクしなくなった。

これは渋滞時などの操作がとても快適になりそう。
エンジン音も静かになったし、これで燃費も上がれば良い事づくめ。

クワッドリードタイプの方が大きな変化をもたらすだろうが、
実際に両方取り付けた方の情報だとツインリードタイプで
十分効果を実感できるとのこと。

ズバリ!これは買いだと思う!。

ハイスロ(TMR)の刀にも向いていると確信。
ヤフオクでポチっとするか。


by iphone
Designed by aykm.